貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん
貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん
貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん
貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん
にしざわ貯金箱かん ロゴ・マーク

貯金箱かんホーム
ごあいさつ
展示案内
開館時間
アクセス
マス・メディア掲載
リンク
からくり貯金箱のオモシロ動画
BLOG
ご案内
 パンフレット (PDF)
 ポスター (PDF)
ツイッター
Twitterでフォローしてね!
@chokinbakokan


にしざわ貯金箱かん ロゴ文字

長野県千曲市上山田温泉
3-10-5 (〒389-0821)
TEL: 026-213-4612
FAX: 026-275-1505
master@chokinbako.ecnet.jp
パンフレット
A4-2頁pdfファイル


貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん



貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん  貯金箱 ・・・ その一つ一つはありふれたものかもしれません。
 「貯金箱なんて・・・」と言われれば、それまでかもしれません。

 金融機関に勤務する傍ら、若い頃から、趣味として集め始めた貯金箱ですが、長年の蒐集により、平成20年4月1日に「貯金箱の博物館」としてオープン致しました。
 蒐集した貯金箱は、各ジャンルにわたり、その種類と数は、国内有数の収蔵と自負しております。
 これだけ多数の貯金箱を、一堂に体系的に展示したものの楽しさ、面白さ、意外さ、懐かしさ等々を感じていただければ幸いです。

 

 また、二階展示室においては、貨幣に関する展示室「お金いろいろ」、地元の収集家の方々のコレクションを展示する「趣味いろいろ」に加え、「ギャラリー」においては、作家・画家の方々の展覧会を随時開催し、地域のみなさんの交流の場としても、お楽しみいただきたいと存じます。


これからも、貯金箱専門の博物館として、楽しく貯金箱を紹介すると共に、「貯金箱を究める」をモットーに、蒐集・調査・研究に努め、文化遺産としての貯金箱を確立して参りたいと思います。


        
 貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん
館 長  貯金箱の博物館、にしざわ貯金箱かん 

にしざわ貯金箱かん 概要

所 在 地 〒389-0821
長野県千曲市上山田温泉3-10-5
電話番号 026-213-4612
ファックス 026-275-1505
ホームページアドレス http://www.chokinbako.ecnet.jp
オープン 平成20年4月1日
運営主体 西沢商事株式会社
資 本 金 50,000,000円
敷地面積 2285.36平方メートル(692.53坪)
建物面積 一 階  470.20平方メートル(142.48坪)
二 階  448.07平方メートル(135.78坪)
合 計  918.27平方メートル(278.26坪)

主たるスペース

の面積

 貯金箱展示室(一階)  226.4平方メートル(68.6坪)
 売    店(一階) 18.31平方メートル(5.55坪)
 ギャラリー(二階) 88.97平方メートル(26.96坪)
 趣味いろいろ(二階) 34.41平方メートル(10.43坪)
 お金いろいろ(二階) 52.39平方メートル(15.88坪)
 大 駐 車 場  1333.36平方メートル(404.05坪)

当館建築で、特に留意した事

全館にバリアフリーを徹底し、二階建ての建物にエレベーターを設置しています。

それぞれのスペースの活動内容

◆貯金箱展示室

1. 原則として、常設展示部門は、周りの壁面と真ん中の島の奥半分です。貯金箱の登場した年代順の展示とジャンル別の展示をしています。常設展示部門は、常に、入れ替え、追加をしていますので、半年位の間隔で来館されると大分変っています。
2. 企画展示部門は、入口の山展示と真ん中の島の前半分です。常時、企画展を開催しており、2~3か月位で展示替えをしています。
3. 貯金箱の収蔵は、現在、10,000種類に及び、展示室にはその内、約3,000種類を展示しています。
4. 収蔵の貯金箱は、一個一個に標識を付け、デジカメで撮ってパソコンに落とし、かつアルバム保存し、双方で管理・活用しています。
5. 収蔵庫では、ジャンルごとに区分けしたものを、あいうえお順で棚に収納し、整理・入出庫等の迅速・効率化を図っています。
6. 貯金箱の蒐集は、馴染みの骨董屋さん等の持込み、私の店巡り、インターネット(主としてオークション)での購入です。尚、寄贈して頂くものもあります。

◆売   店

1. 貯金箱と当館の絵葉書を販売しています。
2. 仕入れは、インターネットの卸業者が主体です。その他珍しい貯金箱等は卸業者以外からも仕入れます。私(館長)が納得したものを仕入れています。
3. 貯金箱蒐集の過程でダブルものも多く、それらを低価格で販売しています。
4.

販売しているカラクリ貯金箱については、出来るだけ実演して見せます。

◆ギャラリー

1. 絵画・版画・陶芸等、プロ・アマを問わず、貸しギャラリーとしての利用です。
2. ギャラリーと博物館の相乗効果を期待しています。

◆趣味いろいろ

1. 地元コレクターの自慢の蒐集品を展示します。
2. コレクターは、蒐集品を他人に見て欲しい欲望があります。それを手助けします。
3.

当館も来館者に幅広く楽しみを提供でき、ひいては関係する来館者の増加にも繋がります。

◆お金いろいろ

1. 日本の古銭・硬貨・紙幣の一通りを展示しています。
2. 記念硬貨・ミントセット・プルーフセットは、ほぼ完全に展示しています。
3. 1000枚完封100円札・A―A券・数字横並び券等、趣味的蒐集品も展示しています。
4. 千両箱・銭箱等、お金関連用品も展示しています。
5. 外国の変わった硬貨・紙幣を展示し、逐次展示替えをしています。
6. 歴史の証拠、「戦時債券」も展示しています。
7.

私(館長)の収集趣味は、当初、古銭関連でしたが、一通りの収集後、以後の収集は金銭的に無理と判断され、貯金箱収集に代わったものです。それは昭和50年(1975年)前後のことで、貯金箱収集期間は35年以上になります。

今後の展望

 現在の貯金箱の収蔵数は、10000種類に及びます。日本では、尼崎市の世界貯金箱博物館が、世界の貯金箱を集めていて、収蔵数が13000種類を超え、日本で一番大きな貯金箱博物館です。当館は二番目、因みに、世界貯金箱博物館は、尼崎信用金庫の企業博物館です。

1. 引き続き日本の貯金箱を中心に積極的に収集します。
2. 特にそれぞれの時代を投影している貯金箱や、キャラクター貯金箱を意識的に収集します。
3. 収集した貯金箱で、各時代の世相・意識・流行の変遷が分かる展示、また、懐かしい、楽しいキャラクターの移り変わりなど、貯金箱が、貴重な文化遺産であり、生きた資料であることを感じてもらえる展示を心がけます。
4. 企画展は、原則的に、貯金箱の調査・研究の中で、テーマを絞って実施します。尚、楽しんでもらえる小規模なイベント的企画展ば随時実施します。
5. 貯金箱について、調査・研究を重ね、貯金箱に関する知識・情報・広報の拠点となり、博物館としての存在意義を高めます。
6.

ギャラリー・趣味いろいろ・お金いろいろの展示室については、付属施設として、来館者に喜ばれる様充実に努めます。

 
にしざわ貯金箱かん 〒389-0821長野県千曲市上山田温泉 3-10-5
TEL: 026-213-4612 FAX: 026-275-1505  master@chokinbako.ecnet.jp